052-265-6942 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にご相談ください。
営業時間
平日9:00~17:00

人身事故

  1. 伊藤幸紀法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 人身事故

人身事故

交通事故の被害者となった場合、少しでも怪我を負っているのであれば人身事故として届出しましょう。なぜなら、被害者にとって物損事故ではなく人身事故と扱われることで様々なメリットがあるからです。

まず、金銭面としては、加害者に請求できる賠償金額は物損事故とは比較にならないほど高額になります。治療費や通院交通費をはじめ、付添看護費や入通院慰謝料、休業損害や後遺障害慰謝料、逸失利益などの費用を請求することができます。

また、人身事故の場合は、警察が詳細に事故状況を記録した実況見分調書を作成してくれるので、後に過失割合について話し合いが行われた際は、適切に証明しやすくなります。

さらに、加害者を処罰するという面では、人身事故の場合、加害者の免許点数が加算されるという行政処分がなされます。また刑事罰としては自動車運転過失致死傷罪等が加害者に科されることになります。特に、通常の傷害事件とは異なり、交通事故による傷害事件に適用される「自動車運転死傷行為処罰法」は重い処分を定めているため、加害者に対し、より重い刑罰を科すことができます。


以上のようなメリットがあるため、当初は物損事故で処理されていた事件でも、後日むち打ちなどの障害が発覚した場合は人身事故に切り替えるようにしましょう。


伊藤幸紀法律事務所は、慰謝料・損害賠償請求や、示談交渉、事故後の対応の仕方などの交通事故をめぐる様々な法律相談を承っております。
当事務所は名古屋市内をはじめ、愛知県、三重県、岐阜県各地のご相談に対応しています。
誠実な対応をモットーに、相談者様に寄り添ったサポートを全力で行っていきます。お困りの際はお気軽にご相談ください。

伊藤幸紀法律事務所が提供する基礎知識

  • 追突事故の過失割合について

    追突事故の過失割合について

    ■過失割合とは 過失割合とは、交通事故における加害者・被害者双方の過失がどのような比率で認められるのか...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚する場合に住宅ローンがあると、様々な法的問題が生じます。 ■財産分与の精算対象と住宅ローン 一...

  • 盗撮・のぞき事件

    盗撮・のぞき事件

    盗撮は公共の場で下着を撮影したり、トイレや更衣室などで撮影行為を行うことを指します。 のぞきとは、トイ...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故で死亡事故を発生させた場合、加害者は次の法的責任を負うことになります。 ●刑事責任 まず、通...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    子供の親権と監護権は、離婚した場合に争いになり得ます。 ■離婚した場合の親権 夫婦が離婚した場合、そ...

  • 個人再生で車を手放さないようにするには

    個人再生で車を手放さな...

    個人再生手続は自己破産手続と混同されがちです。そのため、個人再生手続をすると自己破産と同様に資産を失い...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談交渉とは、交通事故の当事者間で行われる、損害賠償の金額やその支払方法などを決める話し合いをいいます...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料とは、相手方の不法行為(民法709条)によって生じた、精神的損害(民法710)に対する損害賠償金...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝とは人を脅すことで財産上不法な利益を得たり、他の人に得させたりすることです。 恐喝罪が成立するた...

よく検索されるキーワード

ページトップへ