052-265-6942 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にご相談ください。
営業時間
平日9:00~17:00

面会交流権

  1. 伊藤幸紀法律事務所 >
  2. 面会交流権

面会交流権に関する基礎知識記事や事例

  • 財産分与財産分与

    財産分与とは、離婚時に、一方当事者から他方当事者に対して、夫婦の財産を分割するように請求することをいいます。 財産分与には清算的要素・扶養的要素・慰謝料的要素があると考えられています。(民法76...

  • 家賃滞納者に差押えをすることは可能?具体的な方法や注意点とは家賃滞納者に差押えをすることは可能?具体的な方法や注意点とは

    家賃滞納は、放置してしまうと滞納額が増え続けていき、回収がどんどん困難になってしまいます。 家賃滞納を解決するために差押えという手段があります。差押えは効果が強力である反面、法的な手続きに従って...

  • 父親が親権を勝ち取るには父親が親権を勝ち取るには

    親権とは、子どもを監護養育したり、子供の財産を管理等する権利義務を言います。 両親が離婚した場合には、父か母のどちらか一方のみが親権を得ることができます。 そのため離婚においては父と母のどちらが...

  • 親権と監護権親権と監護権

    子供の親権と監護権は、離婚した場合に争いになり得ます。 ■離婚した場合の親権 夫婦が離婚した場合、その子にもっていた親権は、夫婦のうちどちらか一方のものとなります。 親権を持つ者は、親権・監...

  • 婚姻費用分担請求婚姻費用分担請求

    夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担すると定められています(民法760条) ここでいう婚姻から生ずる費用とは、夫婦が未成熟子との家庭生活を営む上で必要な費...

  • 退職金が財産分与の対象になるケース|計算方法も併せて解説退職金が財産分与の対象になるケース|計算方法も併せて解説

    ■退職金が財産分与の対象になるケース 退職金は財産分与の対象になる場合があります。 退職金は賃金の後払いという性格があるため、「勤務期間」と「婚姻期間」が重なっている期間に形成された退職金は財産...

  • 離婚後の氏と戸籍離婚後の氏と戸籍

    離婚をする場合には、氏や戸籍などが変更されます。 ■苗字の変更 離婚によって姻族関係が終了します。(民法728条1項) 結婚した場合には、夫婦のいずれかが、他方の氏に合わせて氏を改称しますが...

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料とは、相手方の不法行為(民法709条)によって生じた、精神的損害(民法710)に対する損害賠償金のことをいいます。 ■慰謝料請求の要件 慰謝料請求をするためには、以下の要件を満たすことが...

  • 子供の養育費子供の養育費

    子供養の養育費とは、「子の監護に関する費用の分担」のため、子供の親権者から非親権者に対して請求される金銭のことをいいます。(民法766条) 離婚する場合、離婚前の両親が共同して親権を行使する形...

  • 住宅ローン住宅ローン

    離婚する場合に住宅ローンがあると、様々な法的問題が生じます。 ■財産分与の精算対象と住宅ローン 一般に、夫婦の一方が婚姻中に稼得した財産については、取得につき他方配偶者の協力があったものとみ...

伊藤幸紀法律事務所が提供する基礎知識

  • 賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉

    部屋を借りている、貸しているのいった場合、家賃が不適当な水準となった場合は、賃料・家賃交渉を行うことが...

  • 後遺障害等級

    後遺障害等級

    後遺障害とは、傷害が治ったとき身体に存する障害のことをいい(自動車損害賠償保障法施行令2条2号括弧書き...

  • インターネット

    インターネット

    インターネットをめぐる消費者問題も近年増加しています。例えば、模造品の海外通販トラブルや、インターネッ...

  • 養育費はいつまで支払うか

    養育費はいつまで支払うか

    離婚を選択するということは、夫婦が再びそれぞれ別々の道を歩んでいくということです。 元々他人であった個...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    借りた、また購入した住宅が「欠陥住宅」だった場合、借りた方や購入した方が保護される場合があります。代表...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝とは人を脅すことで財産上不法な利益を得たり、他の人に得させたりすることです。 恐喝罪が成立するた...

  • 違法な借金の取り立てへの対応策

    違法な借金の取り立てへ...

    出資法が定める上限利率、年20%を超えた高利率で貸付を行う業者はすべてヤミ金です。こうした違法な貸付に...

  • 不動産売買契約書の作成・チェック

    不動産売買契約書の作成...

    不動産売買契約書に記載すべき必須項目としては、以下のものがあります。 ①売買対象不動産の特定 売買契...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故が発生し、当事者間で示談交渉が行われた際、一番問題となるのが「過失割合」です。 過失割合とは...

よく検索されるキーワード

ページトップへ