052-265-6942 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にご相談ください。
営業時間
平日9:00~17:00

追突事故の過失割合について

  1. 伊藤幸紀法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 追突事故の過失割合について

追突事故の過失割合について

■過失割合とは
過失割合とは、交通事故における加害者・被害者双方の過失がどのような比率で認められるのかを数字で表した指標のことをいいます。交通事故の場合、どちらか一方だけに責任が認められるのではなく、お互いに責任が認められ、その割合に応じて損害賠償をしていくことになります。

●追突事故の過失割合について
追突事故の典型例としては、信号待ちで停車している車に対して、後ろから来た後続車が追突してしまう例が挙げられます。このような追突事故の場合、原則として、過失割合は追突した側が100%となり、追突された側の過失割合は0%となります。なぜこのような過失割合が認められるのかというと、追突した側には、前方不注視や不十分な車間距離といった自動車の運転手に課される義務に違反したという過失が認められるからです。反対に、追突された側には、そのような義務違反といった過失を認めることはできないため、過失割合は0%ということになるのです。

●過失割合が10割にならない例外的な場合
先ほど確認した通り、追突事故の場合には原則として追突した側に100%の過失割合が認められることとなっています。しかし、例外的に、追突された側にも過失割合が認められ、100対0にならないケースも考えられます。
①相手が急ブレーキをかけたために追突した場合
相手が急ブレーキをかけたことが原因となって追突事故が発生した場合には、追突された側にも30%の過失割合が認められます。よって、100対0から70対30へと、過失割合が修正されることになります。もっとも、相手が急ブレーキをかけた理由がやむを得ないものである場合には、やはり過失は認められないことになります。

②相手がライトをつけていなかった場合
夜間において自動車を運転する場合には、ヘッドライト等をつけなければならないという灯火義務が課されます。しかし、この義務に反して相手がライトをつけずに停車していた場合、後ろから追突された側にも過失が認められます。過失が認められれば、100対0から90対10もしくは80対20へと、過失割合が修正されることになります。
このように、追突事故の場合でも過失割合が修正されるケースがありますので、疑問に感じた方はぜひ弁護士にご相談ください。

伊藤幸紀法律事務所では、交通事故に関するご相談を承っております。お困りの際には、ぜひ当事務所までお気軽にお問い合わせください。

伊藤幸紀法律事務所が提供する基礎知識

  • 契約の解除・取り消し

    契約の解除・取り消し

    販売業者などにだまされたため、当該業者との契約を解除・取消ししたい場合、どうすればよいのでしょうか。法...

  • 物損事故

    物損事故

    交通事故の種類を2つに大きく分けるとすると、「物損事故」と「人身事故」に分けることができます。両者は、...

  • 悪徳商法

    悪徳商法

    悪徳商法とは、正当な販売行為を装いながら消費者から金銭をだまし取る詐欺的商法をいい、悪質商法とも言われ...

  • 任意売却

    任意売却

    任意売却とは、競売によらずに不動産を売却することを指します。不動産を任意売却する際には、必ずしも弁護士...

  • インターネット

    インターネット

    インターネットをめぐる消費者問題も近年増加しています。例えば、模造品の海外通販トラブルや、インターネッ...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生(個人再生)

    個人再生とは、裁判所を介することで支払いきれなくなった借金の一部を免除して貰い、残債務を原則3年間で返...

  • 金融

    金融

    どのような取引においてもトラブルはつきものであり、証券取引も例外ではありません。トラブルの種類も多岐に...

  • 騒音・振動

    騒音・振動

    騒音や振動の例としては。建設現場、工場。店舗や出入りする人、交通機関、ピアノなどの楽器など数多く存在し...

  • 自己破産後に生活保護を申請できるか

    自己破産後に生活保護を...

    自己破産後に生活保護を申請することはできるでしょうか。 結論から言えば、 自己破産後であっても生活保護...

よく検索されるキーワード

ページトップへ