052-265-6942 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にご相談ください。
営業時間
平日9:00~17:00

個人再生で車を手放さないようにするには

  1. 伊藤幸紀法律事務所 >
  2. 債務整理に関する記事一覧 >
  3. 個人再生で車を手放さないようにするには

個人再生で車を手放さないようにするには

個人再生手続は自己破産手続と混同されがちです。そのため、個人再生手続をすると自己破産と同様に資産を失い、車や家を手放さなくてはならないと思われていることが少なくありません。しかし、これは大きな誤解なのです。
個人再生手続は自己破産と違い、申立人の生活を再建するための手続きです。よって、資産を処分する必要はなく、車などの資産も基本的には手元に残すことが出来ます。ただし、1点注意が必要です。もし車のローンを返済中で、「所有権留保条項」が設定されている場合には、車を手放さなければならないという点です。

「所有権留保条項」とは、ローンの返済が終わるまで車の所有権はローン会社に帰属するということを意味しています。そして、ローンの返済が滞った場合には車を回収して売却することで残ローンの返済に充てるという仕組みになっているのです。
個人再生手続を行った場合は、すべての債権を平等に扱わなければならないため、車のローンも減額しなければなりません。ローン会社からすれば、債権が減額されてしまい自社の利益も少なくなってしまう訳ですから、車を回収して出来る限り多くの利益を確保しようします。結果、個人再生の申立人は車を手放すことになってしまうのです。
もし、車のローンに「所有権留保条項」が設定されている場合でも、第三者にローンを弁済して貰った場合や、ローン会社と別除権協定を締結することで手元に車を残すことが可能です。ただし、それぞれの方法には別途、交渉が必要となって来るため、一度専門家に相談してみると良いでしょう。

伊藤幸紀法律事務所は、愛知県名古屋市を中心に、三重県や岐阜県において皆さまからのご相談を承っております。
債務整理に関するお悩みは、当事務所までご相談ください。
経験豊富な弁護士がご相談者様に寄り添い、お悩みを迅速・丁寧に解決いたします。

伊藤幸紀法律事務所が提供する基礎知識

  • 自己破産後に生活保護を申請できるか

    自己破産後に生活保護を...

    自己破産後に生活保護を申請することはできるでしょうか。 結論から言えば、 自己破産後であっても生活保護...

  • 違法な借金の取り立てへの対応策

    違法な借金の取り立てへ...

    出資法が定める上限利率、年20%を超えた高利率で貸付を行う業者はすべてヤミ金です。こうした違法な貸付に...

  • 賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉

    部屋を借りている、貸しているのいった場合、家賃が不適当な水準となった場合は、賃料・家賃交渉を行うことが...

  • 交通事故の過失割合9対1になるケース

    交通事故の過失割合9対...

    ■過失割合とは? 過失割合とは、発生した事故に対する各当事者の不注意の割合をいいます。 交通事故事件...

  • インターネット

    インターネット

    インターネットをめぐる消費者問題も近年増加しています。例えば、模造品の海外通販トラブルや、インターネッ...

  • 離婚後に財産分与を請求できる?

    離婚後に財産分与を請求...

    離婚成立時に財産分与をしなかった場合であっても、財産分与を請求することができるのかというご質問をいただ...

  • 悪徳商法

    悪徳商法

    悪徳商法とは、正当な販売行為を装いながら消費者から金銭をだまし取る詐欺的商法をいい、悪質商法とも言われ...

  • 金融

    金融

    どのような取引においてもトラブルはつきものであり、証券取引も例外ではありません。トラブルの種類も多岐に...

  • 一般民事の種類

    一般民事の種類

    一般民事の範囲は多岐に渡ります。 しかしながら、民事訴訟法上の訴えは大きくわけて①給付の訴え②確認の訴...

よく検索されるキーワード

ページトップへ