052-265-6942 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にご相談ください。
営業時間
平日9:00~17:00

不倫された場合の慰謝料計算方法

  1. 伊藤幸紀法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 不倫された場合の慰謝料計算方法

不倫された場合の慰謝料計算方法

■離婚する際の慰謝料請求とは
離婚の原因として、配偶者の不倫が挙げられます。もし、配偶者の不倫が原因となって離婚するに至った場合には、精神的苦痛を負ったとして慰謝料を請求することができます。そして、慰謝料請求をするにあたっては、請求額がどの程度になるのか相場を知りたいと思われる方が非常に多くいらっしゃいます。一方で、請求される側として、相手の請求額が不当に高いものでないかを確かめたいという方もいらっしゃいます。そこで、不倫の場合の慰謝料請求について、請求額の相場がどのようになっているのか、解説していきます。

●不倫された場合の慰謝料の相場と計算方法
結論から言ってしまうと、不倫された場合に行う慰謝料請求の額に、きちんとした相場はありません。それは、慰謝料額を決める方法が、様々な事情の総合考慮だからです。具体的には、不倫の頻度や回数といった事情や、被害者が受けた精神的苦痛の程度といった事情を考慮して、最終的に請求額を判断していくことになるのです。
とはいえ、一般的には、おおよそ50万円~100万円ほどが慰謝料額の相場と言われています。しかし、不倫されて離婚に至っている場合には、不倫によって夫婦関係に対して与えられた影響が非常に大きなものであったということがいえます。
また、夫婦関係が崩壊して離婚に至ってしまうほど相手に精神的苦痛を与えたという評価も可能となります。したがって、150万円以上の慰謝料が認められることが多いです。さらに、不倫していた時期が長かったり、お子さんがいたり、妻の妊娠期間であったりといった事情が加われば、慰謝料額は増大し、最大で500万円ほどが認められるケースもあります。

伊藤幸紀法律事務所では、離婚に関するご相談を幅広く承っております。不倫された場合にどの程度慰謝料が認められるのか等、慰謝料請求についてお悩みの際には、ぜひ法律の専門家である弁護士にご相談ください。一人一人のお悩みに真摯に対応させていただきます。まずは、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

伊藤幸紀法律事務所が提供する基礎知識

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    借りた、また購入した住宅が「欠陥住宅」だった場合、借りた方や購入した方が保護される場合があります。代表...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故が発生し、当事者間で示談交渉が行われた際、一番問題となるのが「過失割合」です。 過失割合とは...

  • 援助交際・児童買春・淫行事件

    援助交際・児童買春・淫行事件

    援助交際とは金銭等を対価として得ることで性行為などを行うことであり、その中でも高校生など18歳未満の者...

  • 金融

    金融

    どのような取引においてもトラブルはつきものであり、証券取引も例外ではありません。トラブルの種類も多岐に...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    離婚をする場合には、氏や戸籍などが変更されます。 ■苗字の変更 離婚によって姻族関係が終了します。...

  • 借地権

    借地権

    土地は購入して所有権を得ることはもちろんできますが、他の方の土地を借りてその土地に建物を建てたりするこ...

  • 任意売却

    任意売却

    任意売却とは、競売によらずに不動産を売却することを指します。不動産を任意売却する際には、必ずしも弁護士...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生(個人再生)

    個人再生とは、裁判所を介することで支払いきれなくなった借金の一部を免除して貰い、残債務を原則3年間で返...

  • 物損事故

    物損事故

    交通事故の種類を2つに大きく分けるとすると、「物損事故」と「人身事故」に分けることができます。両者は、...

よく検索されるキーワード

ページトップへ